日々あったことや思った事を書き留める雑記帳です
<< ためしてみる | main | 現物主義 >>
奥津 徹さん
着物生活派のみなさまの中では有名な方です。
キロ2000円で着物をクリーニングしてくださるところで、
(去年まで1000円で、溶剤などの値上げにより今年から2000円に)
芸者のお姐さんや芸能人などプロも御用達だそうです。

先日、祖母の家の着物をすべて引き上げてきました。
(たびたびここのblogでもかいている家がとうとう取り壊しになりますので)
母もうろ覚えだったのですが結構量があって驚きました。
長い間、茶箱の中にしまわれていましたが
とてもきれいでした。
何十年もほったらかしだったんですけどね。
茶箱の良さを再認識しました。
場所があったら茶箱も持って来たかったくらいです。

で、きれいながらもこれは・・・というのが
何点かあって、これを機会に
「奥津さんに出してみよう」となったわけです。

いろいろな着物blogをよみ下調べをして箱にいれて発送。
(送る着物の内訳や住所を書いた紙を入れれば
 連絡なして送っていいそうです。私も今回は連絡なしで送りました。)
本日かえってきました。
あちらに着いてから4日ぐらいでもどってきました。
情報通り早いです。

やはり、段ボール箱も、ビニールも送ったときの物が
そのまま戻ってきました。
そして払込取扱票と次回のための送り状が入っていました。
これも情報通りです。


今回は、伊勢崎銘仙の半纏風なもの、ウールの着物2枚、正絹の長襦袢、正絹の帯揚げ
を出しました。
2.2Kgで4400円、送料1200円、合計5600円なり〜。

全体的にこざっぱりした感じ。
そんなに溶剤のニオイもきになりません。(一応干してますけど)
カビがついてた着物はとてもきれいになりました。
時代染みは落ちていませんでした。
帯揚げも古くなって変色していたのですが
そこまでは落ちませんでした。

仕上げも一点一点たとう紙に包んで仕上がってくる
洗いに比べれば、しわが取れていませんが
普段着物や長襦袢だったらぜんぜんオッケーレベルです。

なんたって料金が安いし、早い。
着物乙女たちの強い味方ですね。

これからも贔屓にしていきたいです。
がんばって続けて欲しいです。

今回いろいろ調べている内に見つけたのですが
時代がかったシミをとる溶剤があるらしく
近々挑戦してみようかなと思ってます。
| 着物的関係 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>


selected_entry

点取り占いブログパーツ