日々あったことや思った事を書き留める雑記帳です
<< 思いで探訪 | main | 根気よく >>
こうげばちるのしゃく
紅・緑・紺などで染めた象牙に細密彫刻で文様を表したものを撥鏤(ばちる)と呼びます。
もちろん正倉院には、ばちるの装飾が施されたお宝は何点か納められていますが、
有名なものとしては昨日のblogでも書いた、木画紫檀棊局(もくがしたんのききょく)に
附属する碁石、紅牙撥鏤棊子(こうげばちるのきし)と、
今回の正倉院展でも展示されてた、紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)です。
書いてて楽しいのでずーっと書いちゃいそうです・・・。


今回の正倉院土産でも買ってきましたよ。
展示はしてありませんでしたが、緑牙撥鏤尺(りょくげばちるのしゃく) もありました。
本物に比べるとすっごく落ちますが(あたりまえか)
普段使いにいいかなと思って買いました。
本家のお宝は儀礼用に誂えられたと言われていますので
実際に使える現代人は幸せものでしょうか。
どうも、唐からの風習に習って作ったお宝らしいのですけど・・・
って、止らなくなりますのでこの辺で。

そういえば、HPに今回の旅行日記をup しましたので
お暇な方はどうぞご覧ください。
| お宝関係 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.youya-net.com/trackback/288960
トラックバック
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>


selected_entry

点取り占いブログパーツ