日々あったことや思った事を書き留める雑記帳です
<< 灌仏会 | main | うどん 四國屋 >>
ご報告
blogで報告すべきかちょっと悩みましたが
このblogは殆どがお知りあいの方が、読んでくださっていると思いますので
ご報告させていただくことにしました。
突然のご報告になってしまいますが、
先月、4月14日、我家の愛猫「くるたん」が天国へ旅立ってしまいました。
享年19歳8ヶ月でした。
この手の話が苦手な方もいらっしゃると思います。
ここまでお読み下さってありがとうざいます。
あとは続きにてもうちょっと詳しく書かせて頂きます。
 

まあ、すでに19歳だったので、人間にたとえると90歳以上になるようで
一説には100歳越えと言う説もあるようです。
晩年は殆ど寝てすごし、それはそれは穏やかな毎日でした。
亡くなる2週間前に急に呼吸困難的な発作をおこし、慌てて病院に連れて行ったところ
高齢ということもあり、胸に水が貯まってしまっていました。
あとは腎臓も悪くなっていて、手の施し様が無い状態でした。
とにかく高齢なのであまり無茶な検査や治療はできず、
詳しい事は分かりませんでしたが、
でも少しでも負担が軽くなるように、胸から水を抜くため通院が始まりました。
あまり身体に負担をかけないようにしながらの病院通いでしたが
「くるたん」も病院が大嫌いなのにがんばりました。
通院が始まってすぐ、お医者さまから、たぶん2.3日の命だから覚悟するようにと
余命宣告されてしまい、失意のなか、家族、交代で看病しました。
それでも「くるたん」は、2週間がんばってくれました。
そして4月14日、家族全員が見守るなか、
午前10時半ごろあっというまに旅立ってしまいました。
とても安らかで、まるで寝ているようでした。
うちの家族は生活習慣がみんなバラバラで時間が合わないのですが
本当に全員そろっている時に送ってあげられて本当に良かったと思います。

翌日、獣医さんから教えてもらったペットの葬儀場で骨になっちゃいました。
ちゃんとみんなで骨を拾い、とりあえず自宅へ帰ってきています。
週末だったのでみんなで葬儀場にもいけて、本当に「くるたん」は偉いねーと感心。

病院でも葬儀場でも19歳とは思えませんね〜と驚かれましたが
(おせいじかもしれないけど)
骨もすごくしっかりしていました!

「くるたん」のいない毎日なんて信じられませんが
看病した2週間でちょっと覚悟できたというかしっかりお別れできたので
ちょっとはよかったと思います。
「くるたん」にはずーと生きてもらって猫又になってもらいたかったけど
生あるものはいつかは滅びるといいますし・・・
十分大往生だったと思います。

今でも、つい「くるたん」を探してしまう時もありますが
こればかりは時間がかかるかと思います。
とはいえ、元気に毎日をすごしておりますのでご心配なく。
あんまりメソメソしてると「くるたん」に心配かけちゃうしね。

「くるたん」は私が19年前に立川で拾ったのですが
よくぞ我家に来てくれたと思います。
安らかに眠ってください。今はまだしょんぼりしてますがこちらは大丈夫です!




| くるたん関係 | 01:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.youya-net.com/trackback/1031045
トラックバック
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>


selected_entry

点取り占いブログパーツ