日々あったことや思った事を書き留める雑記帳です
<< まほろば奈良 ’09 秋 その一 | main | 今年もよろしくお願いいたします。 >>
まほろば奈良 ’09 秋 その二
 よーやく続きです・・・最初から読んでくださる方はその一からどうぞ

当日は非常にいい天気でした〜
清々しい日差しのなか、てくてく歩いて唐招提寺へ到着。


入り口には
孝謙天皇の直筆で、当寺創建の時に下賜されたと伝えられる看板が。
いやードラマで予習してたんでよかったです〜
しかし後で複製と判明、講堂に本物ありました。

平成12年(2000年)からの「金堂平成大修理事業」で
この度の落慶までずーっと鞘堂におおわれていた金堂。
以前、鑑真和上の像のご開帳際に訪れたときも隙間からちょっと見る程度。
全景は無理で柱とかが見えるのみ。

けっこう鞘堂が大きかったので、正門からみる金堂、こじんまりしてるね。
でも、当日の天気も相まって、じつに天平感が小気味よいではないですか〜。
(分け分からない感じですみません)
この金堂を立てるのにいかに苦労したか・・・
などとまたもやドラマの予習が役に立ち・・・
感慨深く金堂に近づきました・・・

写真は取れませんでしたが、
中の本尊「盧舎那仏坐像(もち国宝)」「千手観音立像」「薬師如来立像」
の国宝トリオ、ヤバいぐらいなにか出てました。
以前東博でやった「唐招提寺展」でお目にかかっていますが
断然、現地で拝見した方がいかしてます。

修復を終えた「金堂」自体も力がみなぎっているというか
最近の言い方でいうとまさしく「パワースポット」です。


金堂のなかは「国宝トリオ」だけで、それも奈良っぽいっというか
質素な空間に「盧舎那仏」さまの気がみなぎっておりました。
「私がんばっちゃうよ!by 盧舎那 」みたいな感じ?

だいぶ金堂の空気にやられていましたが、時間もあることなので
境内を奥へ進みます。

開山堂
この写真の左側に「鑑真和上像」が鎮座ましましております。
ご開帳時以外はしまっていて近づけないんですね・・・
普段は開山堂の入り口のところから覗くのみです。


まだまだつづきます・・・



| まほろば奈良 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.youya-net.com/trackback/1031028
トラックバック
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>


selected_entry

点取り占いブログパーツ