日々あったことや思った事を書き留める雑記帳です
古着屋オープン


新しくお茶のお稽古をはじめたお友達が、着物に興味が出て来たということで
いろいろ揃える前の間に合わせにと、自分の着物を見てもらう事になりました。

そんなに持っていない(母親の着物3枚ぐらい)からスタートして
はや7.8年?
まとめてみると結構あるもんだ・・・
ここに出していない物もまだあります。

最近はほとんどネットオークションで買ってます。
だいぶ勉強させられました。変な物いっぱい買っちゃってますし・・・。

自分の安着物とはいえ、取っ替えひっかえいろいろ当ててみて
あーでもない、こーでもないっていうのは結構楽しかったです。

とっても片寄った品添えですが、もしよろしければお寄りください。
準備がありますので要予約です。


招き猫もいます。



| 着物的関係 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自分で着る様には・・・
どうしてもと言われて、人に着物を着せてあげました。
今まで妹にしか着せた事なかったので
ちょっと緊張しましたが、どうしても他の都合が付かないとのことなので
頼まれました。

予め着物は見せてもらって足りないものチェックはしましたが
お着せする本人は当日初対面。
時間も余裕をもって出来たので最終的にはなんとか出来ましたが
いやーむずかしいですね。
まして着せる相手は着物はほとんど初めてさんだったので
なかなか感じがつかめなくて(苦しいとか、ちょうどいいとか)
苦労しました。

他人は自分とまったく体型が違うので自分なりに覚えた感覚が
あまり役に立ちませんでした。
そこらへんがプロとの違いでしょうね。

妹とかならがんがんいろんなこと言えますが
なかなかそうも行かないし。

いやー無事に着せられてよかった。
当日途中でやっぱり無理です、とかって言えないしね。

| 着物的関係 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奥津 徹さん
着物生活派のみなさまの中では有名な方です。
キロ2000円で着物をクリーニングしてくださるところで、
(去年まで1000円で、溶剤などの値上げにより今年から2000円に)
芸者のお姐さんや芸能人などプロも御用達だそうです。

先日、祖母の家の着物をすべて引き上げてきました。
(たびたびここのblogでもかいている家がとうとう取り壊しになりますので)
母もうろ覚えだったのですが結構量があって驚きました。
長い間、茶箱の中にしまわれていましたが
とてもきれいでした。
何十年もほったらかしだったんですけどね。
茶箱の良さを再認識しました。
場所があったら茶箱も持って来たかったくらいです。

で、きれいながらもこれは・・・というのが
何点かあって、これを機会に
「奥津さんに出してみよう」となったわけです。

いろいろな着物blogをよみ下調べをして箱にいれて発送。
(送る着物の内訳や住所を書いた紙を入れれば
 連絡なして送っていいそうです。私も今回は連絡なしで送りました。)
本日かえってきました。
あちらに着いてから4日ぐらいでもどってきました。
情報通り早いです。

やはり、段ボール箱も、ビニールも送ったときの物が
そのまま戻ってきました。
そして払込取扱票と次回のための送り状が入っていました。
これも情報通りです。


今回は、伊勢崎銘仙の半纏風なもの、ウールの着物2枚、正絹の長襦袢、正絹の帯揚げ
を出しました。
2.2Kgで4400円、送料1200円、合計5600円なり〜。

全体的にこざっぱりした感じ。
そんなに溶剤のニオイもきになりません。(一応干してますけど)
カビがついてた着物はとてもきれいになりました。
時代染みは落ちていませんでした。
帯揚げも古くなって変色していたのですが
そこまでは落ちませんでした。

仕上げも一点一点たとう紙に包んで仕上がってくる
洗いに比べれば、しわが取れていませんが
普段着物や長襦袢だったらぜんぜんオッケーレベルです。

なんたって料金が安いし、早い。
着物乙女たちの強い味方ですね。

これからも贔屓にしていきたいです。
がんばって続けて欲しいです。

今回いろいろ調べている内に見つけたのですが
時代がかったシミをとる溶剤があるらしく
近々挑戦してみようかなと思ってます。
| 着物的関係 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
着物考
最近の着物乙女ブームがちょっと苦手な私。
やはり正統派な着物が好きです。
美しいキモノ 2006年 12月号 [雑誌] きものサロン 2007年 01月号 [雑誌] 
を愛読しているのですが、あり得ない着物のオンパレードにただため息をするばかり。
(この雑誌ではセレブ的な人たちがすっごく贅沢な着物生活を披露しているのです。)
たまにご令嬢などが立派な振り袖姿などを披露している記事などを読んでは
自らの出生を恨んだり・・・。嬢って年でもないですけど。
若奥様の立派な・・・若奥様って年でもないですけど。
とくかく、美しい着物を見ながら醜い妬みの心を燃やしているようでは
いかんですね。とほほ。

で、最近は着物blogもたくさんありますよね。
楽しみにして読ませていただいてます。
多いのはやはり、自分流に着物を着こなそうといろいろ冒険している方々の
おもしろblogでしょうか。
たまーにリンクでたどり着くのが、
お上品で素敵な正絹&紬&家にあった(ゆずり受けた)凝った着物を
着こなしていらっしゃる生活を書いたblog。(へんに具体的ですかね)
最近見つけたのはそれをパリにて実践なさっている素敵マドモアゼル(もちろん日本人)
お写真もきれい&センス良いって感じで完敗です・・・。最初から勝負になってないけど。

そしてまたむらむらと醜い・・・以下省略。

私も是非、へっぽこ着物ライフを紹介といきたいところですが
なんせ、現在もっともウエイトオーバーなお見苦しい状態でして。
まずはそこからってことで。
今年の最大の目標は人並みな体重になるっです。
元旦の朝に誓いました。(毎年同じ様な事をいってるかも)
スリムになった暁には着物ライフばんばん公開ですよ。
(現在着物ライフ自体もあまり送れてないので、それも含めて目標です・・・)
乞うご期待!


期待はされてないか・・・。
| 着物的関係 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


selected_entry

点取り占いブログパーツ